家族葬のメリットとデメリットをチェック
家族葬のメリットとデメリット

家族葬の参列客を選ぶ際のデメリット

家族葬の最も大きなデメリットと言えば参列してくれる方を選ぶのが大変という事です。家族葬は、基本的に家族だけで行う、規模が小さくアットホームなお葬式といった印象があるかと思いますが、実は家族葬には、どこからどこまで声をかけるかという参列者を呼ぶ範囲が明確に決まっているわけではありません。家族葬は、家族のように親しい方だけで行うお葬式という事で、家族にプラスして生前に故人と深い親交があったという方にはお声がけをする事が一般的です。逆に親族の方でもあまり親交がないという方の場合には、率先してはお声がけをしないという事もあります。この曖昧さがデメリットになっているのです。

家族葬の定義として、遺族の方が最小限呼ぶべき人を選びますので、ご家庭によって呼ぶ人数が異なり、呼ぶ基準も曖昧です。トラブルを回避するためには、呼ぶかどうか迷った人がいる場合には、とりあえずリストアップしておき、全体を見た後で選定するという方法をとるのが一般的です。本当に家族だけで最後のお別れをしたいというのであれば、親族の方にお声がけはしませんし、生前から故人と親交の深かった方にお別れをしてほしいという場合には、家族でなくてもお声がけをします。

こういったトラブルを回避するためにも、生前に終活の一環として、誰をお葬式に呼ぶのかピックアップしておくというのはとても有効な手段になります。家族葬に参列してもらう方というのは、故人の意向が最も重要になります。後から参列したかったという方が来ても、生前の故人の意向ですので申し訳ありませんと断る事ができるからです。

ページの先頭へ戻る