家族葬のメリットとデメリットをチェック
家族葬のメリットとデメリット

家族葬の料金面でのデメリット

家族葬は、一般的なお葬式と比べて非常にリーズナブルな価格になっております。そのため、少しでもリーズナブルにお葬式を行いたいという方にとっては理想的なお葬式のスタイルであると言えます。家族葬のプランにもよりますが、50万円程度でお葬式ができる場合もあるので、とにかくお金をかけたくないという方にはおすすめのスタイルです。

しかし、この家族葬も料金面でのデメリットが存在します。なぜ一般的なお葬式よりもリーズナブルな価格でお葬式を行う事ができるのにデメリットになるのかというと、家族葬ではその様式から、香典を受け取らないという場合が多くなるからです。香典を受け取る場合には、受付を用意しなければいけませんし、香典返しの準備をしなければいけません。しかし、家族葬の場合には、そういった部分を排除して少人数で故人とのお別れをメインにする目的で行われます。香典を受け取らないので、お葬式代は全て自己負担になる可能性が高いのです。

また、香典をいただいたとしても、参列者の数は一般的なお葬式よりも少なくなっているので、当然のことながら香典の総額も少なくなります。そのため、お葬式の規模によってはマイナスになってしまう可能性が高くなってしまうのです。一見リーズナブルに思える家族葬ですが、実際に出費する金額は一般的なお葬式よりも多くなる可能性があるという事は認識しておきましょう。

解決策としては、その部分を考慮して参列者を呼び、収支をコントロールするという方法があります。収支をコントロールすることができれば料金面のデメリットは解消されます。

ページの先頭へ戻る