家族葬のメリットとデメリットをチェック
家族葬のメリットとデメリット

家族葬の高齢化社会におけるデメリット

家族葬のデメリットとして、故人の年齢によっては親交のあったご友人が参列できないという事があります。最近では、高齢化社会が急速に進んでいます。そのため、お葬式に参列する方もご高齢の方が多くなっています。以前から長く友人関係であった方も、故人よりも先にお亡くなりになっている事も珍しくありません。

また、会社勤めをしていた方も、定年から20年以上も経過しているような場合には、会社の内部の人間関係も変わっていますし、お知り合いも退職してしまっている可能性も高くなっています。そのため、そもそも家族葬に呼ぶ事ができる方というのが少なくなってしまっている可能性があります。

家族葬は、一般的なお葬式よりも参列してもらう人を厳選します。そのため、厳選する手間がとてもかかるというデメリットがあります。最近では、インターネットの普及や社会全体の高齢化によって、以前よりも周りの方とのコミュニケーションを深くとらなくても生きていけるようになっています。そのため、いざ家族葬に参列のお願いをしようと思い、故人の友人や知人を探した場合に、見つけられないというケースがあります。

家族葬は、たくさん呼べる方がいるけれど、あえて厳選して規模を小さくし、より故人をゆっくりとお見送りしたいという方にとって最適なお葬式のスタイルになっていますが、最近では、お葬式に呼べる方が少なくて、結果的に家族葬という形に落ち着くといったパターンも増えています。長引く不況などの影響もあり、お金をかけたくないという方が増えているのもありますが、そもそも一般的なお葬式では、遺族の方が必要としている物以外にも、色々なオプションが付いているケースが多く、持て余してしまっているという方が多いのも事実です。

ページの先頭へ戻る