家族葬のメリットとデメリットをチェック
家族葬のメリットとデメリット

家族葬のデメリットを軽減する

家族葬のデメリットで大きいのは、呼ばれなかった方の心証を悪くしてしまう事です。参列して頂けなかった方の中には、ぜひとも参列したかったという強い思いを持っている方も多くいます。そのため、参列できなかった方をがっかりさせてしまう事があります。また、個人が経営者だった場合には、仕事関係の方との繋がりを考えて、参列してもらった方が良いという方もいます。しかしながら故人の意向で家族葬になっている場合には、参列してもらう事ができないので、今後のお付き合いを考えると大きなデメリットになってしまう可能性があります。

参列の有無によるデメリットを解消するためには、参加していない方に納得してもらうだけの理由を用意しなければいけません。そのためにおすすめなのが遺言状です。故人が生前から家族葬を希望されているのでしたら、参列しない方へのメッセージを残しておくという方法もあります。家族葬にする旨を伝える際に、家族だけで行いますという故人の手紙のコピーなどを沿えるだけでデメリットは解消されます。

また、そもそも家族葬を良く思っていない方もいます。特に年配の方の中には家族葬に対してあまり良いイメージを持たれていない方も多いので、最初にしっかりと説明する必要があります。故人の希望である事や、どういったお葬式を行うのかなどをしっかりと説明し、理解を得る事がとても重要になります。葬儀会社で契約する前に、一緒に説明を聞きにいくというのも有効な手段になるでしょう。また、生前から話をして納得してもらうことも大切です。

ページの先頭へ戻る